« 草木染めワークショップ2010模様 | トップページ | おすすめグッズ!!  「スナフ」  »

2010年6月 4日 (金)

ビューティフルアイランズ

先日、ビューティフルアイランズという映画を観てきました。


Photo

7月10日(土)より  全国順次ロードショーとなります。


試写会に参加させて頂いたのですが、

映画が始まる前に 監督である 海南友子さんの挨拶がありました。


その中で とてもココロに響いたことば

「情報にあふれている時代、ドキュメンタリー映画も多い中、頭で理解するするのではなく、体感していただければ嬉しいです」

↑というような事をおっしゃっていたと思います。


見終わって思った感想。

ツバルという島が、 こんなに美しい島だったとは・・・

ベネチアやはり面白いところ・・・

アラスカの自然の力の大きさに驚いた・・・   など

本当に 旅行に行ったような感覚を味わいました。


島に息づくありのままの美しさを感じてもらうためナレーションやBGMは入れていないという

この映画は、波や風の音が心地よく、 またすぐに観たくなる映画でした。






うちの近所の風景も 刻々と変化する。

ここは もっと美しかったのに と思う風景もたくさんある。

そんなことを思うと、 この映画の  「もう二度と見ることができない・・・切なく美しい島の物語」という表題が  ぐっと胸にひびく。

美しいものを美しいと思う その気持ちがたくさん増えていくことが、
その美しさを守ることにつながるんだと思う。

この 美しい映画  是非 観てみてください*










staff   romi

|

« 草木染めワークショップ2010模様 | トップページ | おすすめグッズ!!  「スナフ」  »

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 草木染めワークショップ2010模様 | トップページ | おすすめグッズ!!  「スナフ」  »