« rima 展示のお知らせ3 | トップページ | ありがとうございました*** »

2010年2月 1日 (月)

植物の癒力

Photo_8

アロマテラピーをもっともっと知りたい!!と思う方におすすめな本が、出版されました***

ドイツのオーガニック精油を取り扱いさせて頂いてるIKUKO HERBS.

ドイツの現場から 実践に基づくアロマテラピーの教科書を読めるのは、とてもとても嬉しいです。

読んでて楽しい教科書って なんて素敵なんでしょう。

思わず、熱中しています。(時間をかけてじっくり、ですが)


教科書と言うだけあって、アロマテラピーのいろはが詰まってる。これは、私自身、手放せない1冊になるだろうな。 と思っています。

教科書!は   まさに辞書?のように使えるもの って感じがしてます。
これから先、 何度も開くことになりそう。
 

                          STAFF romi


植物の癒力

医療先進国ドイツの現場から
実践に基づくアロマテラピーの教科書
「植物の癒力」
~ドイツアロマテラピーの標準教科書~
著者:Eliane Zimmermann(エリアーネ・ツィンマーマン)
訳者:手塚千史 / 高橋紀子
発行:ヴィーゼ出版(B5版 291頁)

5,040円(税込)


第一部 植物から瓶の中へ
      アロマテラピーに関する植物学と化学の基礎知識
 1.精油の由来と生産
   1.1 植物学
   1.2 栽培方法
   1.3 生産方法
   1.4 品質テスト
   1.5 品質保持期間
 2.精油成分と生化学
   2.1 植物のなかでの精油形成
   2.2 成分のタイプとその性質
   2.3 成分プロフィール
第二部 瓶から皮膚のなかへ
     精油を治療に使う
 3.人体での精油の作用の基本
  3.1 身体への道
  3.2 生理的作用
  3.3 効能
 4.治療の実際
  4.1 精油の購入
  4.2 精油の選択、分量、わかり易い適用方法
  4.3 アロママッサージ
  4.4 植物油脂 キャリア物質以上のもの
  4.5 水と精油
 5.重要な適用
  5.1 心と身体の症状に効く実績のある精油
  5.2 病院、老人ホーム、訪問介護での特別な適用
 6.予防措置と禁忌
  6.1 芳香物質の毒性
  6.2 身体へのなじみとアレルギー
  6.3 禁忌
第三部 さまざまな精油 さまざまな作用
     植物と精油の概要
 7.植物の科
 8.精油
第四部 補遺
 職業としてのアロマテラピー
 著名なアロマテラピーの専門家

|

« rima 展示のお知らせ3 | トップページ | ありがとうございました*** »

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« rima 展示のお知らせ3 | トップページ | ありがとうございました*** »